カテゴリー
こども・不登校 心の健康

【不登校】卒業式は、「行くもよし・行かないもよし」・・・今は前を向いていればいいよね。

 

 

学校の担任の先生へ

卒業式は行きません。

アルバムもいりません。

って、本人と一緒に伝えてたのに・・・・。

 

卒業式が近づくと、家にお誘いに来られてたようです。

 

本人と直接、

担任と学年主任の二人で、

攻め立て

「・・行きます」と言うまで帰らなかったらしい。

 

毎度、毎度のお決まりの対応で

私は、進歩がないなあ。

と感じました。

 

 

今回は、本人がどうするのか

見守ってみました。

 

卒業式の朝

欠席するのもよし。

最後だからって、出席するのも良い。

って思ってました。

 

 

当日の朝、

「やっぱり行くって言わなければよかった」と一言、

「どうしよう、どうしよう・・・」と二言。

独り言が聞こえてきました。

 

離れていると

いつの間にか登校したようです。

 

 

とりあえず、終わったね

昼頃、

不機嫌な顔して帰宅してました。

あまりに暗すぎて

何も聞けませんでした。

 

翌日、聞いて見ると

無表情で「・・・楽しかった」と言いました。

 

とりあえず

彼の中学生活が、終わったんだな。

と感じました。

 

 

彼はなんで卒業式に出ようと思ったのかな。

通信制の高校に行くことが決まっていたから?

友達にも誘われてたから?

何が楽しかったのかな?

 

聞きたいことは色々あったけど

何を聞いても、仕方がない気がして。

聞きませんでした。

 

これからは、できることが増えるね。

高校生になったら、

スポーツジムも入れるし、

バイトもできるし。

 

中学生では、できるとこなかったもんね。

 

中学は、やっと終わったなあ。

高校生活、色々あると思うけど、

楽しめることが、1個でも、見つかるといいなあ。

 

 

 

 

 

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です