カテゴリー
心の健康

幼稚園で教わった「上機嫌」のための2つの方法

自分を他人と比べない

身近な他人って気になりますよね。

よく較べてしまいがちです。

そして、自分の至らなさに落ち込む!

落ち込む!

落ち込む!

 

そんな時、何と何を較べてるかというと

他人の外見と、自分の内面をくらべてたりするんです。

他人の悩みは、外から見えませんから、仕方ないんですが。

見た目しか、わらない。

見た目が幸せそう、とかかっこいいとか

 

じゃ、何と比べるの?

ってなるんですけど。

そんな時は

少し前の自分と、今の自分比べてみると、成長の度合いがわかっていいと思います。

少しでも、自分が成長していることが解るので、楽しくなります。

自己成長はちょっとでも楽しい!・・・・はずかと思いますので。

 

 

心を暗くすることは、忘れる

 

どうも、ネガティブとポジティブの力関係は、均等で無いようです。

人によりますが、大抵は、ちょっとネガティブが強いみたい。

 

なので

 

ほっとくと、どんどん暗くなってしまいます。

心を暗くすることは、

覚えていても、暗くなるだけなので

いいこと一個もありません。

 

それならいっその事。

忘れてしまいましょう。

今の時代、・・・・・なんだっけ?

ぐらいが精神衛生上、丁度いいのかもしれませんね。

まとめ

上機嫌を保つ2つの方法

⑴他人の見た目と較べない。

比べるなら、ちょっと前の自分と比べる。

自分の成長を確認すると結構楽しい。(・・・はず!?)

⑵心を暗くすることは、忘れるに限る

覚えていると暗くなる。

暗くなると、楽しい時間が減って、もったいないです。

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です