カテゴリー
本紹介・感想

ことわざ絵本 五味太郎

ことわざ絵本

ことわざ絵本

posted with amazlet at 18.04.23
五味 太郎
岩崎書店
売り上げランキング: 8,339

ただの、ことわざ説明だけではありません。

ことわざの本質を
作者なりの
視点から見た、五味太郎版、ことわざコメント絵本です。
例えば、「おぼれるものは わらをもつかむ」
なんかだと、「すがる時にはもう遅い」・・・日頃から訓練、訓練。
となるわけです。
なんとなく「とほほ・・・」な状態ですね。
 わたしは、このことわざからは、非常事態が思い浮かぶので、
「溺れたら、なんでもつかめ! 運が良ければ生きている」
とか思います。
なんにしても皮肉っぽいです。
もともと、ことわざ自体が皮肉っぽいのでしょうか?
しかしながら、子どもたちにも、
とても、わかりやすいように工夫されています。

大人が読んでも笑えます。

わたしが好きなのは、「一事が万事」
のんびりやさんは、なにをしてものんびり。
わらってものんびり、ないてものんびり。
コマってものんびり、おこってものんびり。
おどろいてものんびり、あるいてものんびり。
あわててものんびり、あせってものんびり。
「のんびりって感じが、なんともいいなあ」って思いました。
ちょっと、本題からずれた感想ですけどね。
こういうの好きです。

ことわざ本って人気なの? パート2ありました。

ことわざ絵本 PART‐2

ことわざ絵本 PART‐2

posted with amazlet at 18.04.23
五味 太郎
岩崎書店
売り上げランキング: 23,288
できそうなんだけどなあ!
こっそりと、つくっちゃおうかなあ?

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です