どんぐりは、木から落ちる時に本当にころがるの?

スポンサーリンク

どんぐりころころ、どんぶりこ。

お池にはまって、さあ大変。

ドジョウが出てきて、こんにちは。

ぼっちゃん、いっしょに遊びましょ。

お馴染みの歌詞ですが、さて、どんぐりは、本当に転がるのでしょうか?

ほとんど。転がりません。

しかし、転がらないと、そもそも、歌にならない。

だから、転がすのでしょうね。

ところで、公園のどんぐりの木は、

どんぐり落ちる時 ポトッっていうイメージです。

一瞬で歌が終わってしまいます。

風が吹いたら、

どんぐり「ぼとぼと。」

台風や嵐なら、

どんぐり、「ぼたぼた、ぼたぼた、ぼたぼた、ぼたぼた、ぼったぼた。

で、あっという間に全部皆落ちた!」・・・・・終了です。

次の展開があるとしたら、リスがやってきてカジル。

熊がやってきて、大量にほうばる。

どんぐりぽりぽり美味しいね!

もしくは、

どんぐりの芽が出て、葉が出て、木になった。

みんなで芽が出たので、林になった。

そして、次々と芽が出て、葉が出て、木になって、林になって、森になりました。

と言う展開も、ありですね。

追伸

どんぐりと遊んだドジョウは、どうやって、どう遊んだのでしょうか?

想像力が必要ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です