セブ英語留学・親子体験記 Mr.yoshi’s parent and child had study English in Cebu

スポンサーリンク

たのよしさんの「セブ英語留学・親子体験記」(5週間)Mr.yoshi’s parent and child had study  English in Cebu at five weeks.

フィリピン・セブ市「QQEnglish・シーフロント校」へ入学 We entry to school at QQEnglish in Cebu.

関空発、フィリピン直航便で、セブ市のマクタン空港へ、約4時間半で着いてしまいました。

意外と近い感じです。

午後3時半に飛んで、夜の7時30ごろ入寮できました。

こちらの時差は1時間なのです。(日本より1時間遅れています。)

上の写真は、校舎兼用の宿舎です。↑This photograph is school building.

学校の目の前は、海でした。上の写真は、宿舎の4階窓から見える景色です。

↑This photograph is in front of school building at Fourth Floor.

透明度が半端なくて、いいです。

小さいウニがいっぱいいるので、裸足で入ると危険なのでした。

ウニは浅い海底に、ところどころに集まってでウジャウジャいました。

レベル判定テストで、授業のレベルが決定されました。結果は、やっぱり「超初心者」と「プチ初心者」レベル!

We took test listening,reading,speaking and writing.   I was beginner2 level.

授業の前にリスニング、リィーディング、スピーキング、ライティングの個人レベルの段階確認テストがありました。

各人のレベルが判定されます。初心者なら、初心者なりのレベルでスタートできたので安心でした、そして、自分のレベルに合わせた授業を受けられます。自分は、中学2年レベルぐらいからでした。(レベル2:ちなみにプチ初心者の次のレベルなのでした。)

ちなみに4週間に一度判定テストがあって、レベルが上がっていきます。私は・・かろうじて、レベルが一つ上がりました。(レベル3:プチ初心者から初心者へ)

学生は、大学生がほとんどでした。ちらほら、40代、50代の方々がいました。リストラや転職の間を利用した、3か月間コース(12週間)で来ている方々がいました。

1対1のマンツーマン授業が基本スタイル。Lesson style is man-to-man.

授業の種類は、速読英語のカラン授業、トラベル会話(空港、両替センター、ホテル、レストランでの会話)、日常会話、基本文法(中学生レベルから)、文章理解は、発音など。

とりあえず、私が選択したスタンダードのスケジュールは、平日8時間のびっしり授業でした。最初の2週間が、下痢がきつくて、ヘロヘロになりました。

余談ですが、基本的に水道水は飲めないです。ウォーターサーバーのみ飲めます。特に飲み水は厳重注意です。人によっては歯磨きですら危険かもしれません。生野菜も水道水で洗ったままなので下痢発熱など、体調を崩して1週間寝込んだ人もいました。

英語の発音に慣れてないので、1,聞き取れない。2,単語がわからない。3,質問も英語でできない。の3重苦でした。

生徒は世界各国から来るので、ティーチャーは、英語対応のみです。質問英語、回答も英語です。Teacher speaks  English only.The question and answer is all English.   They can’t speak Japanese and other language.

こちらの先生がたは、現地の先生なので、現地語(フィリピン語)しか話せません。日本語ができないんですよ。はじめは、ちょっとびっくり。

当たり前といえば、そうなんですが。

世界各国から生徒さんが来るので、(例えば、ロシア語、アラブ系の言葉。中国語、韓国語など。)こちらの英語の先生が、世界の国々の言葉に精通しているはずもなく、生徒が英語で質問したら、先生が英語で答えるというのが、基本なのでした。

しかしながら、生徒としては、英語の説明がまた「????」なのですね。質問するたびに英語で答えてくれるので、どんどん英語の迷路に落ちていく感じでした。

途中から、自前のMacPCの辞書を使うようになって、ようやく授業が快適に進むような感じになった次第です。

「電子辞書アプリってこんなに便利だったんだ」と実感しました。しかも、アクセスが早いのが、ありがたい。

土日は、授業が休みなので、お出かけするも良し。まったり過ごすも良し。自習室(エアコン完備・フリーで使える)で自習するも良し。

休日は、完全にお休みなので、グループレッスンのメンバーで申し込んだり、同期メンバーで集まって、アイランドホッピング(小舟でいく日帰りアイランドツアー)が人気です。

img_0670

↑These photographs are the part of island hopping.

英語の知識がほぼ0パーセントの彼(my son)は、ライトプランで1日6時間で受講。

8時間授業だと午前4時間・午後4時間なんですが、6時間だと、午前3時間・午後3時間になって、途中休憩できるので時間的に余裕があっていいようです。

親も子も5週間で、どこまでのモノになるかって、わかんなかったです。

今回は、国外で英語に触れるという体験を重視してみました。

機会を作って、また来たいなあと思いました。

何せ語学ですから、一朝一夕にはいかないんですよね。今後のきっかけになれば良し、という感じでした。

とりあえず、今は英会話のオンラインレッスンを探して、チャレンジしてみようかと企んでいる次第です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です