全小学生にコンピュータ・プログラミング授業は必要?

スポンサーリンク

images-67

全小学生を対象の「プログラミング」授業が、必修で必要なのだろうか?

今時の小学生は忙しいのに

ちょっと前まで、「ゆとり教育」とか言って土曜日がお休みになったのに、その反動なのか、最近、〇〇教育が大流行りですね。ちょっと詰め込みすぎ感があるように思うのは私だけでしょうか?

環境教育・食育・金融教育・英語で、もうすでに満杯状態。さらにパソコンのプログラムの授業まで盛り込んだら、ますます詰め込み学習になるんじゃないのかな。小学生全員に教えるみたいな必修科目の授業にする必要あるのかなと思います。

そんなこんなで、いろいろなんですが、ロボット作りなどのプログラミングに夢中になる子、中学受験をするために塾へ通う子、はたまた不登校になる子もいる訳です。

小学生「プログラミング」学んでも、使う頃にはもう古い

IT技術/教材とも半年くらいのペースで更新されているので、学校で習い終わる頃には、使い物にならない技術になっていたりするんじゃないの? コスト面でも教材の更新費用が、ものすごいことになりそうですね。

そもそも、教えられる教員がいるの?

だいたい現教師が、プログラミングなんて教わってないんだから、子どもに教えらる先生がいないんですよね。そんな状態なのにプログラミングを必修科目にしてはどうか?という発想がどうしても理解できないんですね。

images-69

もしかして、メーカーの販売戦略か?と膨らむ私の想像力

スマホブームで、パソコンの売れ行きが落ちてきた。たくさん買ってくれるところは無いかと考えた。そこで、思いついたのが教育業界。学校に買ってもらえれば。定期的な大量更新もあるので安定的にパソコンが売れる。そのための手早い方法が小学校の授業を必修しようというもの。そんな思惑があったとか、なかったとか・・・・これは個人的な妄想のお話です。全くの妄想ですが、ありえないとも言い切れないよね。

苦手克服か・得意なもの伸ばすか

この所、個性が叫ばれる時代になってきましたね。

しかし、そんな中でも、苦手克服は重要なことと思っている人が多いんじゃないでしょうか。苦手をそのままにしちゃいけないよって思ってる。私も普通に思ってました。

私は、誰でも向き不向きがあるんだから、苦手なものは、苦手だよね。これはしようがないと思うんですね。だから普通は得意なことやった方がいいと思います。得意なことは、楽しいし、上手だし、上品質だし、生産性が高いですよね。

苦手なことは、たとえ克服しても、結構ヘタです。やっぱりうまくできないんですね。それに楽しくない。苦痛なんですね。

さあ、どっちがいいなんて、簡単にわかりますよね。真理は結構シンプルだったりします。

今の教育方針は、ややこしいですね。どうもそれではいけないようですね。個性が大切と言いつつ、個性を伸ばそうとしない。やってることはむしろ個性を潰そうとしてる。

あなたは、ここがダメだから練習しなさい。克服しなさいって。さらに言えば、「自信」すら潰そうとしていますね。苦手克服行動は要注意なんですよ。ダメ出し続けられるので、自信が萎えて、喪失していきます。

得意を伸ばすと、時に天狗になります。褒め続けられるので。そして自分で自分を認められるようになり「自信」がつきます。自分が好きになります。・・・いい感じですね。

まとめ

本題に戻りますと、コンピュータープログラムを小学校で必修にするのは、「違う」と考えています。理由は次の通りです。

◉今時の小学生は、〇〇教育がたくさん導入されて忙しい。

◉社会に出る頃、習ったことが古くて役立たない。

(小学校では、プログラミングを知って興味を刺激する程度で十分なのではないでしょうか)

◉教材・機材の更新費用が莫大。

◉現段階で教える教員がいない。(教員も習ってないんですから)

◉個人の向き、不向きがある。(おそらく極端にある)

(平成28年6月28日朝日新聞朝刊記事参考)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です