エゴ退散。今、ここに生きる強味

スポンサーリンク

tatumaki2

「エゴ」に生きてませんか

「エゴ(自分勝手な考え)」は、過去と未来にしか生きられない。今の瞬間には、存在できないそうです。(ちょっと仏教っぽい内容です。)

現代人は、イライラすることが多すぎですよね。

家にいるときも、学校や仕事のノルマや、取引先、苦情の相手ことを考えて、憂鬱になったり、とかく生きていることが苦しくなることが多々ありますね。

ざっくりというと、過去のイヤな出来事にとらわれていたり、未来に不安を抱いたりしている時なんですが、そんな時は、「エゴ」に思考を支配されている、ということらしいんです。

「エゴ」は誰でも、大なり、小なりはあるものですが。大きすぎると支障がでてきますね。

瞑想は、そんな思考を停止させて、今にもどしてくれます。

瞑想をしてみよう

私なりの瞑想法のひとつは、瞬間の感覚だけを感じてみるんです。

五感で感じたことを意識してみる。聞こえてくる「音」や「声」、「におい」や、「風の感触」、「温かさ」や「すづしさ」「暑さ」、「寒さ」、「痛さ」、「かゆさ」、「こそばさ」などに意識を集中して感じます。その瞬間、今に思考が戻るんですね。

他には、深呼吸を3回したあと、意味もなく「にっこり笑う」という動作をします。

違うのは、テレビをみたりゲームに熱中しているとき。

その時は没頭しているので、思考は過去や未来にはいません。そういう意味では今を感じているんですが、受け身の行動になっていて夢中になってしまうので、意識が今に戻ってこないで、行ったきりになってしまいます。「思考の迷子」という感じです。そして、夢中が、途切れたとき(番組が終わったときや、ゲームオーバー時など)に、放心状態もしくは、架空の世界をさまよいます。

「エゴ」に、気づくこと

過去に思いを巡らせすぎのとき、近い将来などに不安を感じすぎているとき、「エゴ注意報」かもしれません。

「エゴ」は、今を感じている時には生きられないそうなので、過去を忘れ、未来を思わない瞬間ができると自分の「エゴな考え、行動」に気づけるかもしれません。気づくと、修正していけますからね。何はともあれ、まず気づきましょう。

風力発電

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です