カテゴリー
心の健康

「小言や愚痴」の習慣を消す3つの方法

lgf01a201312091000

「小言や愚痴」の習慣を消す3つの方法

小言習慣は、自分では結構、気づかないもの。まして親しい関係や身内などには容赦がない傾向があるようです。そこで次の3つの方法を試して消してみましょう。

・「相手との距離をとる」

・「ユーモア的なものの見方をしてみる」

・「全力で脱力する」

「小言」の習慣化は、キケン

「小言」を言い続ければ、いつか大事になるかもよ。
「小言≒愚痴」人間関係で、良い影響はないです。マイナスですね。言わないほうがまし。
「小言」を言い続けていませんか?もしかして、気づいてない。習慣化してる?
「小言」を聞く側は、うるさいだけ。
    内容は大事でも、おぼえてない。イヤな感情しか覚えてないですよ。
「小言」を言わなければ、冷静でいられるのに。

「距離をとる」とか、見方をちょっと「ずらす」とか

 小言は、自分の感情を爆発させないための「ガス抜き」効果があるんですが、
いいたい事を感情に任せていっていては、周りは、大迷惑です。
小言を言いたいとき、感情が高ぶるときは、距離をとって、離れるのがいいですよ。
家の中だと、キッチンから別の部屋に行くとか、2階とか。外の空気を吸いに散歩するとか。
はなれて、独りになると冷静になりやすいです。相手がいなければ話せないので。
 身内は距離感が近すぎるので、ひと言多くなりがちなんです。
よその子だったら絶対に言わない事は、自分ちの子にも言わないほうが絶対にいいです。
  見方を変えたり、 ちょっと「うわの空」ぐらいだと、感情がぼやけて、ちょうどいいときもあります。
「調子にのるな」って怒るときに使う人いますよね。私も時々使ってました。
私的には、真面目すぎ、堅物すぎ、で自分の頭、固いんですって言っているようなもの。いまは、恥ずかしいです。
視点をかえて、いい意味で「調子に乗せてあげる」というのもありですね。

 

小言を「ユーモア」に切り替えるセンスを磨こう

 アメリカの映画や、ドラマセンスのいい「ユーモア」を見かけます。さすがだなあ、と思いますね。ああいうのは、マネしたらいいじゃんって思います。メモしたりして、積極的に仕入れましょう。自分のものにして、使いましょう。何かが変わります。

images-63

脱力」がキーワード

・教訓とか、話すのは、時間差効果なんですね。「言ってもわからないだろう」けど、「伝えないと伝わらない」ですから、たとえ、いま解らなくても「いつかわかる」と信じて種をまく感覚に似てるかもしれません、いつか花が咲いて実がなるようにっていうところ。
・肩の力を抜くこと。一生懸命やることはいいことです。しかしながら、張り詰めた糸は切れやすいのも事実。ゆるめる事が大切です。
・一生懸命やったとき、結果が思うようにいかなかったら、怒りが込み上げてくるんですね。一生懸命やったら、必ずいい結果がでるというのは、学校で学んだパターンの弊害かもしれません。たとえ一生懸命やっても、結果は別物。なので、脱力して結果を手放す(期待しない)のがいいですよ。
・キーワードは、自分に甘く、他人に甘く、力まない、頑張らない、一生懸命しても結果は期待しない。ええ加減が、いい加減。というくらいが「ちょうどいい」のかもしれません。
大丈夫、大丈夫。・・・・きっと・・・・たぶん。
カテゴリー
こども・不登校 心の健康

無意識に「ジャッジ」してませんか、誰かを「裁いて」ませんか

milky-way-1023340_960_720

無意識に「ジャッジ」してませんか、誰かを「裁いて」ませんか

自分の中の「ジャッジする習慣」について、最近、気になったので書いてみました。

・人の目が気になって、つい言ってしまう、子どもへの「ひと言」

・なぜジャッジするの

・「劣等感」や「自責の念」は一人芝居。いい事はひとつもない

・ジャッジなし、寛容でいれたら、自分のこころも温かい

 

人の目が気になって、つい言ってしまう、子どもへの「ひと言」

「他の人に迷惑が掛からないようにしなさい」

「しつけができていないと思われないように」とか、「聞き分けのない子と思われそう」という自分のへの守りの言葉なんですね。

「いい子でね」

まわりに対して、「いい子」でいると「都合のいい子」になってしまう傾向があります。私的には、どちらかといえば、「たくましくね」と言ってあげるのもありかな?と思うところです。

 

なぜジャッジするの

自分もそうされて育ってきたから、善悪のしつけが必要だから、自分が正義だと思っているから、そして自分の責任では無いと思っているから「ジャッジ」出来るんですね。

変な思考習慣だと思いますね。たった一人でジャッジしても、それは「独りよがり・独断と偏見」というもの。だって弁護人がいないですから。

 

「劣等感」や「自責の念」は一人芝居。いい事はひとつもない

一般的な世間の評価は、気になりますが「さようなら」しましょう。もっと自由でいいです。気にしなくていいと思います。日本人は「劣等感や自責の念」を抱きやすい生育環境にあるらしいのですが、わたしは、「劣等感」は無用の長物だと思うんですね。なぜなら、「劣等感」や「自責の念」は自分が自分をどう思うかという感覚だけなので、「独り芝居」に似ています。

勝手な思い込みで、独りで盛り下がりして、独りで落ち込んでいる状態ですね。誰も幸せじゃないのに気づかないんです。

そんなことより、周りに対して、「気使い」や「応援」など、やさしい対応ができれば、空気がやわらかくなりますね。

 

ジャッジなし、寛容でいれたら、自分のこころも温かい

ジャッジって、結構、親や誰かに言われたことを、繰り返して言ってたりするんですね。なかなか気づきませんけど。

そこで、嫌なひとことを言ってしまったら「ちょっと、まてよ」と振り返ってみる。次は言わないでおこう。言わないとどうなるのかな?と問いかけていると、少しづつ、寛容になってきて、余計な小言が減ってくるんですね。

そんなことを繰り返していると、ある日ふと、ジャッジという習慣が遠ざかったせいか、心が軽くなり、温かく見守りたくなることがありました。不思議です。

物事はあるがまま。「ジャッジしない」のが、いいんじゃないかな。と思う、この頃です。

青空

カテゴリー
ビジネス 心の健康

ポジティブに「脳をだます」とどうなる?

mountains-and-cloudy-sky

「やる気」が出なくても、ちょと動けば、だんだんその気になっていく不思議。

やらなきゃいけないと、わかっていても、なかなか動けない時ってありませんか。ぼんやりしているとき、など、など。とりあえず深呼吸して、脳に酸素を送りましょう。

「ぼんやり」からでも、集中力を高める

消しゴムの一点を3分間見つめてみる。長かったら短くしてもいいです。眺めてみてください。いつの間にか、頭の中に空白ができて、静かになっていますよ。

準備運動をすると、やる気がなくても、ぼんやりと体のスイッチが入ってくるんです。ランニング前のストレッチとか、野球なら試合前のキャッチボールとか。体が温まって、血のめぐりが良くなってくるからだそうですよ。

「行動の意味」や行動の「結果」を「想像」する

ワクワクして来たらしめたもの。スイッチはもう、半押し状態です。「充実感」が得られそうな想像ができてきたら、もう、「ばっちり」です。

 

もし、過去に充実感を得た体験があるなら、何度も思い出して、脳をダマしましょう。脳は、体験していることと、思い出してイメージしてることの区別がつかないらしいので、体験が増幅されます。俗にいうイメージトレーニングは、「脳だまし」なんですね。

 

「ニンマリ」と笑う

あ、笑い方は「にっこり」でも、「ふふふふふっふ」でもいいです。気分が楽しくなくてもいいです。まずは、行動から入ります。最初、鏡の前でひとりでニンマリしていると、自分が気持悪かったり、気恥ずかしかったりしますが、慣れましょうね。

 

ゲーム感覚で「チャレンジ」、スポーツ感覚で「技術を磨く」

課題をクリアするまで、何度もやってみましょう。一回で、出来なくても、全然いいんです。全部間違ってもいいんです。ゲームだと、簡単すぎると、つまんないし、ぎりぎりクリアするから、おもしろいんですよね。あきらめずに何度もチャレンジしましょう。「チャレンジは楽しい」というイメージを繰り返して、脳をダマしましょう。

 

スポーツだと、一度できたら、うれしくなって何度もやってみます。練習してるうちに、だんだんと上手くなってくる。技術的に上手くなると、もっと面白くなる。すると、次のステージレベルで、やりたいことができてくる。また、練習して上手くなる。という風な「積極的なサイクル」で技術が磨かれてていきます。なので「上手くなると、嬉しいし、楽しい」というイメージを繰り返して、脳をダマしましょう。

 

 

まとめ

 

「ぼんやり」からでも、集中力を高める

・「行動の意味」や行動の「結果」を「想像」する

・「ニンマリ」と笑う

・ゲーム感覚で「チャレンジ」してみる。

・スポーツ感覚で、技術を「磨く

最初の一歩が出せれば、あとは動くんですね。

lgf01a201306030800

カテゴリー
こども・不登校

中学・不登校のあなたへ

futta0371m

幻想・学校・勉強

テレビやゲームは、まぼろしの世界。現実じゃないんだぜ。(どっぷりとつかると危険なんだ。現実と幻想の世界の境界がアイマイになってきます。)学校だけが大切と言ってるわけじゃないし、勉強だけが大事と思っているわけじゃない。

世の中には、いろんな人がいて学校の成績がトップクラスでも、社会で「パッとしない人も結構いるからね。まあ逆もあるんだけど。

 

中学生の時って、何が大切かなって、私的に考えてみた。

いきなり結論ですが、「今できることを体験しておくこと」が大切かなと思うんですね。(学校へいってみる。君の人生の中で○○中学校○年○組の○月○日は、一度しかやってこないからさ)

大切なこと3つ

友達をつくる

一緒に「遊ぶ」子、「同じクラブ活動」の子、一緒に「アホみたいなこと」をやる子、「同じ趣味」の子などなど、一生の友達ができるといいよね。

社会を体験する:独り旅がいいけど、今は学校が疑似体験かなと思います。

人間の集団行動、共同生活、社会のルールをちょっとづつ。

本を読む:基礎的な学習もの少しと、興味のあるもの全部。面白いものは、どんどんやっていい、つまんないものは、やっぱりつまんないだよね。興味がわかないものはしょうがないからね。それが個性だから。

すべて頑張らなくていいです。何か一つだけ「磨け」ば、十分だと思うよ。

polar_stella_m

君も、見つかるといいなあ。

人生をかけて熱中できるもの、没頭できるもの、そして楽しめるもの。見つかるといいなあ。そんなものを仕事にできると幸せかもしれない。

 

いつ見つかるかって誰にもわかんないから、待つんだよ。準備してね。忘れないでね。未来の自分が、待っているということ。だからね、たぶん、今は、「準備」の「準備」をしている時なんだよ。もしかしたら、「準備」の「準備」の「準備」かもしれないね。

待っている時のコツ5つ

★明るく、のんびり待つ。・・・暗いと、見えないです。

★こだわらずに待つ。・・・こだわるとパスしたり、見逃しがち。

★焦らずにまつ。・・・焦っていると、気づかないからね。違うものを、つかんだりする。

★目の前のことをやって、まつ。・・・時間がもったいないから、何か準備してまつ。

★待っていることを忘れて待つ。・・・わすれることが大切「偶然・突然」に「不幸の顔」をしてやってくることが多いのだ。

見つかったら、やるだけ

没頭しよう。とにかくやろう。楽しくやろう。わくわくやろう。どんどん調べよう。専門家になれるかもしれない。いや、いや、知らない間にきっと、専門家の中の専門家になっているはず。・・・・・なんか、いいね。

wallpaper-rainbows-photo-02

もし、違ってたら、「また、トライすればいい」と思う。「待てばいい」と思う。そこんとこは、いくつになっても、多分みんな一緒なんじゃないかな。・・・・・あっ、「トライしない人」は一緒じゃないね。別でした。

 

 

カテゴリー
こども・不登校

「怒らない子育て」をやってみよう

wallpaper-deserts-02

感情で「怒る」と体力的に疲れるが、効果は?

感情的になれば、なるほど「怒る」と、「体罰」に走る傾向があります。感情が抑えられないから怒っているわけで、当然といえば、当然です。

一方「叱る」という事は、まず感情的になってない冷静な状態ですね。「しつけ」に似たような感じかもしれません。あんがい冷静に叱るほうが、効果大です

 

「・・・しなさい」では動かないんです。「手伝って、助けて」で動く。 子どもは、実はやさしい。

被験者:息子。

実験その一

「洗濯物を干しなさい」と言ってみた。   → 「なんでやねん」と怒った

実験その二

「洗濯物を干すのを手伝って」と言ってみた。→  無言。動かなかった。

実験その三

「洗濯物を干すの助けて」と言ってみた。 → すごすごと来た。ご機嫌で手伝ってくれた。

言葉の違いで動くんですね。不思議ですね。言葉以外、何にも違わないのに・・・・。

言葉を変えると態度や、反応が変わる。命令されるのは嫌いだから怒った。余計な仕事はしない主義だから無反応だった。助けてはあげたいから来てくれた。ということのようです。

ちなみに、実験その三で。「助けてあげたくなかったときは、嫌われてますから「言葉のちから」も無力だったかもしれません

 

間違いは、何度もするもの、・・・いつかできる。怒らない。

子どもは、おなじ間違いは何度でもすると思いましょう。当たり前のことなんですが、わかるまで間違う。できるまで間違います。

なので、親子ゲンカの時など、何度も過去の失敗を持ち出さないで。「あの時は、・・・・」なんて、だれでも失敗を何度も言われたくありません。言ったところで、だれも幸せにならないし不毛です。

《怒らないのキーワードは待つこと》

①時間は掛かるもの。時間(期間)を気にしない。

②解決案を、いくつか提示してあげて、必ず本人に選ばせること

②親は、りきまなくていい。(案外いい加減でいいのかもしれません)

親側がいい加減だと、逆に本人がしっかりしてくることもあります。当てにならないとわかると、あてにしなくなるもの。諦めるまでの途中経過で、子供の小言に耐える必要が出てきますけど。

怒らないは、「信じてるよ」のしるし。

信じているから、怒らなくていいんです。放任とは違います。「いつでも、相談にのるよ」と伝えておくことで、寄り添っている感じになりますね。でも、いろいろ言いたくなりますが、そこは、我慢、口数が少ない方がよろしいようです。「親離れ、子ばなれ」の修行の一つですね。

怒らないは、省エネ。

とにかく体力の消耗が、ほぼ無いです。疲れません。・・・・のはずなんですが、最初は、なかなか、「我慢するエネルギー」が必要のようです。歯を食いしばるとか。息を止めるとか。外へ行くとか。慣れてしまうまでのがまん。    「あっ」、また我慢ですね。

カテゴリー
心の健康

エゴ退散。今、ここに生きる強味

tatumaki2

「エゴ」に生きてませんか

「エゴ(自分勝手な考え)」は、過去と未来にしか生きられない。今の瞬間には、存在できないそうです。(ちょっと仏教っぽい内容です。)

現代人は、イライラすることが多すぎですよね。

家にいるときも、学校や仕事のノルマや、取引先、苦情の相手ことを考えて、憂鬱になったり、とかく生きていることが苦しくなることが多々ありますね。

ざっくりというと、過去のイヤな出来事にとらわれていたり、未来に不安を抱いたりしている時なんですが、そんな時は、「エゴ」に思考を支配されている、ということらしいんです。

「エゴ」は誰でも、大なり、小なりはあるものですが。大きすぎると支障がでてきますね。

 

瞑想は、そんな思考を停止させて、今にもどしてくれます。

瞑想をしてみよう

私なりの瞑想法のひとつは、瞬間の感覚だけを感じてみるんです。

五感で感じたことを意識してみる。聞こえてくる「音」や「声」、「におい」や、「風の感触」、「温かさ」や「すづしさ」「暑さ」、「寒さ」、「痛さ」、「かゆさ」、「こそばさ」などに意識を集中して感じます。その瞬間、今に思考が戻るんですね。

他には、深呼吸を3回したあと、意味もなく「にっこり笑う」という動作をします。

違うのは、テレビをみたりゲームに熱中しているとき。

その時は没頭しているので、思考は過去や未来にはいません。そういう意味では今を感じているんですが、受け身の行動になっていて夢中になってしまうので、意識が今に戻ってこないで、行ったきりになってしまいます。「思考の迷子」という感じです。そして、夢中が、途切れたとき(番組が終わったときや、ゲームオーバー時など)に、放心状態もしくは、架空の世界をさまよいます。

「エゴ」に、気づくこと

過去に思いを巡らせすぎのとき、近い将来などに不安を感じすぎているとき、「エゴ注意報」かもしれません。

「エゴ」は、今を感じている時には生きられないそうなので、過去を忘れ、未来を思わない瞬間ができると自分の「エゴな考え、行動」に気づけるかもしれません。気づくと、修正していけますからね。何はともあれ、まず気づきましょう。

風力発電

カテゴリー
心の健康

なぜ焦る?  そんな時は、「カタツムリ」眺めるといいんだぜ!

少しくらい焦ってもいいんじゃないですか?         ねえ・・カタツムリ師匠!

images2

 

「あせらない」修行?

人はどうして「あせる」んだろう。「焦る」とメリットはあるのかな。デメリットの方が多いんじゃないのかな。「イライラ」するとか「落ち着かない」とか「八つ当たり」するとか「ミスしやすくなる」などなど。といいことなんか、ほとんど無いのに、あせってしまうんですね。

焦りの「傾向と対策」?

焦るのは、危険探知能力です。実はいいこと!?あせらない人は、鉄砲玉なので。(危険がわからない人)

 

・あせらされている感じもあるよね。

 

・経済的な不安。もしも、足りなくなったら、どうしよう。なんて考えて焦ります。でもね。そんなあなたは、大丈夫。なんとかできる能力が備わっているから焦るもんなんです。

 

・締切間近なとき。焦ってる場合ではありません。人・物・知恵を総動員して、乗り切るしかないようです。

 

・力が足りない。智力・体力・練習や準備不足で失敗しそうで焦るとき。諦めましょう、開き直ってみましょう。失敗しても、多分あなたが、思っているほど大したことないです。あれこれ考えずに、次に備えましょう。次も失敗したら、向いてない、かもしれないことが、わかりますね。それでも続ける人は、「偉い」と思います。

 

 

価値観とあせり

自分にとっての「大切で価値があること」と自分が「やってること」がズレているときっていうのも焦ります。「なにやってんだろ・・・自分」って感じなときがそうですね、で、ふと理想の自分らしく生きていなくて、つらかったりします。

 

たとえば、経済面でいうと身近なアルバイトをすると収入は増えますが、目指したい仕事からは遠ざかるので、長期的にみると遠回りになってしまって、後悔したり、時間がもったいなかったりして、焦ってしまうようなときですね。

 

「カタツムリ」を師匠とあおいでみる

かたつむりを師匠と仰いでじっくり観察してみました。うごきがマッタリとしてとても優雅です。ああ見えても、現在存在してるカタツムリは、カタツムリなりに進化の最先端なんです。のろのろと動きますが、よく食べ、よく眠る。見方によっては、実にたくましく感じます。

じつは「カタツムリ」は冬眠するんですが、夏眠もするんです。寝てばっかり。それでも進化の最先端で生き延びてきたんですね。

 

「カタツムリ」は焦ってる? いや焦ってない? 実は焦っているけど、そう見えないだけかも!

カタツムリは、決して「焦らない」。

いや、もしかすると、

「焦ってないように見えているだけ」なのかもしれません。

まあ、焦っても早く動けないわけですから、

たいしてかわりないんですけど。

 

 

まわりからみれば、どう見ても

「焦っているようには見えない」ということですね。

あっ、どっちでもいいんですが、カタツムリ師匠は、デンジャラスですね。

201508190501_R

あせってしまった時は、どうするの?【まとめ】

・手足をプルプル振って、脱力する。

・一旦手を止めて・深呼吸する水を飲む

の瞬間を五感で感じてみる(音、風、温かさ、冷たさ、匂い、景色、味)など

やらないことを決める。

・今日やることを一つだけ決める。

・決まったやることを、続ける。

・済んだことは考えない。あきらめて次の手をうつ

 

 

私は、修行中の身なので、いろいろ試しております。

 

カテゴリー
心の健康

5月病・6月病対策 人類史の視点から4つ

images-19

5月病・6月病対策 人類史から見た4つ

とにかく寝る

寝る日を作りましょう。

泥のように寝ます。

その時に大切な心構えがあります。それは「寝たことを後悔しない」という覚悟なんです。

起きたときに、「今日は、時間が、もったいなかったな」とか、「あれこれ私用を片付けられんかった」など、寝たことに「罪悪感」を持ってしまうと逆効果なので。

ちなみに、野生動物がけがをしたり、体調を崩したとき、どうしてると思いますか。彼らの世界にお医者さんはいないので、ネグラなどの安全な場所で、ひたすら、じっとしてて回復するのを待つんです。ほぼ寝てる状態なんですね。

少食にして、「胃を軽く」する

消化吸収につかうエネルギーは、意外と膨大なものなので、まずは少食にして、胃の負担を軽くします。本来、人のからだは、満腹には弱く、空腹には強くできています。というのは人類史上、空腹期間の方が長かったため、空腹耐性が強いということなんです。

運動で「体を軽く」する

ストレス解消には、運動とよく言われています。そのとおりで、人って体を動かしていることで健康を保ってきたんです。

おおげさに言えば、人類史上、現代ほど日常生活が便利になった時代ってないんですね。労力が無駄にかからない。半面、現代ほど人間関係が複雑な時代ってないのかもしれません。文明の進歩に体の耐性がついていかなくなっているのでバランスを崩すということのようです。

現代の若者の志向として、「田舎で自給自足の生活に魅力を感じる」とアンケートに答えたひとが約50%もいたらしいです。もしかして、若者はキケンに敏感で、サバイバル感覚が鋭いのかもしれませんね。

笑えることをして「心を軽く」する

ずばり、吉本興業は、健康産業のトップをいっているのかもしれません。彼らは、笑いのプロなので、お手軽にお笑いをゲットできます。「笑い」は免疫力を向上させることで、医学的においても有名ですね。なにより、笑っている時は、なにもかもわすれてます。悩んでないですから。

笑いは心と脳の処方せん―ユーモアから学ぶ健康学
昇 幹夫
リヨン社
売り上げランキング: 587,608

まとめ

とにかく寝る

少食にして胃を軽くする

運動で体をほぐして軽くする

笑えることをして心を軽くする

「寝る」、「軽くする」。というのがキーワードですね。

忘れがちですが、人も動物なのですから。

 

ちなみに財布は、軽くないほうがいいです。適度に重いといいですね。

 

カテゴリー
習慣力

「大学イモ」をつくってみた(Reトライ編)

大学イモをつくってみました。こんどは慎重に、慎重に。

IMG_0771 (1)

まずは、準備。

サツマイモを10分間水にしたして、あく抜きをしてから、綺麗に布巾で水気を拭きます。これを怠って、フライパンの熱した油に入れたら水が飛んで怖かったです。

IMG_0768

きつね色になるまで揚げます。前回は、強火でガンガンあげました。こんがりと枯れ木のように色付いたので、今回は弱火にしました。10分間焦げないかドキドキしながら見守りました。

IMG_0150

前回の失敗作です。

「イモ焦げて、ミツも焦げてた、お芋さん。苦い、硬いでサッパリわやなり」

今回上出来。ほくほくで、きつね色のお芋さん。

IMG_0769

 

続いては、ミツをつくりました。

これも前回強火でガンガン煮たのであっという間に真っ黒になりましたから、今回は弱火で3分、煮てみました。トロミがつくまで、「じいーっと」みてたのですが、やっぱり程度がわからないんですね。

3分たってもトロミがつかないのでもう1分にてみました。やっぱり、トロミがつかない。もう1分煮てみました。ちょっとトロミがついたかなと思ったら、相当トロミがついていて、焦げてしまいました。

なめてみると苦い。

IMG_0770

ミツ作りReReトライ

今回は、せっかくお芋がうまくいったので、ミツ作りReReトライすることにしました。

こんどは、焦げないように、菜箸でかき混ぜながらやってみよう。ということ。それからレシピのサラダ油の分量を少し増やして、大さじ2から大さじ3にして焦げ対策をしました。(本人は焦げ対策をしたつもり)

そして、3分煮ました。まだトロミがつかない様子。もう1分煮まして、トロミがついたかついてないか、わからなかったんですが、今回は火を止めました。

少し冷めたら、なんとトロミがついてたんです。

それから、なんと、味が、味が、まるで「みたらし団子のタレ」様な味になってました。バンザイ。バンザイです。

出来上がったイモにミツとゴマをかけて、3時のおやつに娘といただきました。

IMG_0772

ごちそうさまでした。ああ、美味しかった。

めでたし、めでたし。

今回のレシピ「料理の本を少しアレンジ」

《材料》サツマイモ2本(400g)、揚げ油・・適量、A(砂糖大さじ6、みりん大さじ2、サラダ油大さじ3、しょうゆ大さじ1)いりごま(黒)大さじ1

《作り方》

⒈サツマイモを洗って5cm長さの縦4〜6分割にし水に5分さらして水分を拭く。

⒉揚げ油を160度に熱して1のサツマイモを入れ、弱火で、キツネ色になるまで10分かけて揚げ、油をきる。

⒊フライパンにAを合わせて弱火にかけ、煮たったら3分くらい菜箸でかき混ぜながら、煮詰める。少しトロミがついたら火を止める。

⒋2のサツマイモにゴマと3のミツを振りかける。

 

参考

つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)
小田 真規子
扶桑社
売り上げランキング: 13,581

 

カテゴリー
ビジネス 本紹介・感想

【書評】メモで未来を変える技術

IMG_0174

メモで未来を変える技術  たった100円で潜在意識の扉を開く 小野 正誉

目次より

1 メモで夢が叶ったストーリー  夢のかけらを集めよう

01 メモは「未来をデザインするツール」

02 「夢のかけら」を集めよう

03 どんな夢も、思わぬ方法で叶う!

04 メモの力が「家庭」を築いてくれた

05 一気に叶った最近の夢

06 うまくいかない時にこそ「夢のかけら」を拾うチャンス

2 メモを書くためのマインドセット

07 大切なのは「わくわくする」こと

08 夢の実現は「急がない」

09 夢の大きさは関係ない!

10 不平不満を書いても幸せになれない

11 夢を描く時は、とことんわがままになっていい

12 未来を軸にアンテナを張ろう

3 なぜ、ノートではなくメモなのか?

13 運命のメモ帳は「手のひらサイズ」

14 いつでもどこでも、手軽に書ける

15 書き切ることで達成感が生まれる

16 「投資」は、たった100円!

17 簡単に「一元化」することができる

4 潜在意識を活用する驚異のメモ

18 人は、1日に6万〜9万個のことを考えている

19 「潜在意識」が夢の実現を引き寄せる

20 潜在意識とメモの密接な関係

21 夢が叶うのは、いつでもベストタイミング

22 準備期間は夢によって違う

23 「夢のかけら」を捕まえる

24 未来に向けてスイッチを入れる

25 夢に「近づく」仕組みとは?

26 自分自身のキャパシティを広げていこう

27 念じても理想の未来はやってこない

5 メモを書くだけで幸せになれる!

28 メモは、日常に潤いを与える

29 流れる時間の質が変わる

30 どこまでも続く「小さな黄金のサイクル」

31 「今」を生きるから「未来」が輝く

32 スマホ時代でも活用したい手紙の効用

33 豊かに生きるための自己対話の効用

34 イライラ・モヤモヤを解消!心の浄化作用

35 「忘れる」から集中力UP!ストレスフリー効果

36 行動の「第一歩」を促す効果

6 メモを習慣化するコツ

コツ1「慣れていることと組み合わせる」から続く

コツ2「快の状態を作る」から続く

コツ3「こまぎれの5分」だから続く

コツ4「充実感・達成感」があるから続く

コツ5「叶う」から続く

7 さあ、メモを書こう

37 「書く」ことには慣れている

38 スピードが命

39 必ず余白を空ける

40 どんどん書く!とにかく書く!

41 具体的に書く!

42 感情と一緒に書く!

43 自分に本当の理想を問いかける

44 ポジティブな言葉に転換する

45 メモを携帯していな時の対処法

46 夢に「日付」は入れない

47 書けない時は書かない

48 保管の仕方、整理の仕方

49 【応用編】特化して効果を上げる

50 ペンはノック式、3色ボールペン

51 100均一ショップで揃う5つのツール

52 「書く」と「読み返す」はセット

53 「即メモ」の環境を作る

54 自分だけのベストな状態を知る

55 【応用編】「ゴールデンページ」活用術

56 セミナーで活用したい一本線ノート術

57 流れに身をゆだねる

 

 

「夢のかけら」を、どんどん書いて、どんどん叶える!

「メモ」って、シンプルに、単純に潜在意識の扉をあける方法だったんですね。著者さんの人生体験がビッしりつまっていました。なんだか、人生をかけて、「メモ」の法則を検証しているような感じす。そしてその物語は、まだまだ現在進行形でつづいています。

もしかしたら、これから加速していく勢いかもしれません。

メモを習慣にする実践的なコツや、注意点など親切に、のせてくれているので「夢」をたくさん叶えたい人や、まだまだ諦めきれない人は、何歳であっても楽しく読める内容だと思います。

メモの実践時の注意点

実現方法は考えなくていいんだそうです。実現した状態をイメージする。そして、感情も一緒にメモするということ。大切なことは、いいことしかメモしない。「やなこと」が叶ったら悲劇ですから。キーワードは、「ワクワク感」を感じるかどうかです。

 

ちょっと、脱線しますが、仕事を選ぶ時も、そんな風に選ぶといいかもしれませんね。その仕事を「ほんとに、やりたいか」どうかが大切。資格で仕事したらカッコイイからとか、そこは安定してるからとかで選ぶと、「しんどい」かもです。もちろん、実際やってみないと、わかんないというのも、結構ありますが。

メモなら想いを込めた夢を、安心して忘れられる。

夢が叶うのは、それを「忘れた後や、諦めたあと」というのがよくあります。「これほし〜い」とか、「こんなところに家族で住みた〜い」と一度、強く思ったあとに、日常の忙しさに流されて、忘れてしっていることがありました。そして、叶った瞬間思い出したりします。

日頃から車に興味がないのに、たまたま職場の人が乗ってきた新車をみて、「かっこいいなあ。自分もいつかあんな車に乗ってみたいなあ」と思ったことがあったんですが、忘れていたんですね。それから3年後に「買い換えるから乗る?」と声をかけてもらって、即、買いました。買った瞬間思い出したんですね。不思議でした。

 

一度、訪れたまちで、通りすがりにみたマンションに住みたいな、と願ってたんです。ちょうど20年後に家族ができて、住みました。それまで忘れてたんですが、叶った瞬間思い出す。って感じでした。

今から、これから、「夢のかけら」をどんどん「メモ」しよう

たぶん、だれでも、もっと幾つも「夢」をみてるんだと思います。

これからは、意識的に手書きで「メモ」をとって、潜在意識にアプローチして、どんどん夢を叶えていけますね。

どれだけ夢みて、どれだけ楽しんだか?なのかもしれません。

 

メモで未来を変える技術

メモで未来を変える技術

posted with amazlet at 16.05.14
小野正誉
星雲社
売り上げランキング: 2,838