カテゴリー
ビジネス 習慣力

継続する習慣の作り方「ちいさく、ちいさく、はじめる」

drum

はじめの一歩は、「アホらしいほど小さく」がいい

「小さく小さくはじめる」ということをやってみようと思います。ほんとに続くの?って感じなんですが、目標があまりにも小さすぎるので、できない理由が見つからないと、思えたりします。なので出来なかった時は、はっきりいって「向いてない」と、新たな発見があったり、あきらめがついたりしちゃうのかもしれないですね。

 

たとえば、

【筋トレをしよう】10秒

目標:毎日1回だけ腕立て伏せをする。

これは、覚えてるかどうかにかかってきそうですね。覚えてたら多分毎日できるでしょう。よくばって、あと10回とかしたくなりそうです。ここは習慣になるまで、必ず1回で我慢するということがポイントになりそうです。

【ブログを書く】1分

目標:毎日1行だけ下書きをする。

一行だけ!、しかも下書きでいい。なんて敷居が低いんでしょう。楽勝ですね。これは、一行書いたらどんどん書けそうです。「はじめの1歩」を出す練習ですね。これは我慢しないでどんどん書いたらいいかもしれません。ただし、かけないと思う時でも最低1行は下書きをすれば本日の目標達成という考え方でやってみようと思います。

【絵本をつくろう】5分

目標:1日にひとつ、トイレでアイディアをメモする ≪考える事と場所を習慣に≫

人によってアイディアの出そうな場所とタイミングは違うと思うので、お風呂でも、散歩中でも、寝る前でもOKでいいと思います。とりあえず何でもいいので一つ書くということで行ってみます。

【インターネットのお仕事】各5分

目標その1:1日最低1ページ。ビジネス書を読む ≪始めるきっかけをツカム練習≫

あらかじめ読む本を決めておきしおりを挟んでおきます。調子が良い日はどんどん読む。注意事項は焦らないこと。なので1ページとました。やってみて、1節とか、1章とか修正してみるのも「あり」ということでやってみます。

 

目標その2:パソコンの電源を入れ1日5分だけ関連記事を読む ≪情報に流されない練習≫

目的もなしにネットサーフィンをしてしまうと、ついつい、ほかのページへ移動して、移動して、知らない間に1時間たっていた、なんて事ありがちですね。なので、時間を制限する。みる目標を決める。内容を絞ってみる。ということを癖にしましょう。

まとめ

これ全部やっても、目標達成には20分くらいです。初めはこれくらいがいいんですね。まずは、3日程やってみて、変なところは、やり易いように修正する。修正のポイントは、「シンプルに」です。複雑だと行動する前に考えないといけない。すると行動自体が面倒になってしまいます。結局ブレーキになるんですね。なので「シンプル」にするのがいいです。

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です