カテゴリー
こども・不登校 習慣力

「学校いくのいやや」の朝に

 

17408457

小学校五年生・春・朝・ぐずる

朝寝坊したから、時間がないから、ちょっと遅れたからとかで、「学校いくのイヤや」と突然言い出します。この年頃になると学校にもなれてたり、思春期の入り口だったりで、言い出すことが多いようです。

 

よくある会話ですが

子『今日は休む』

私「授業が始まるまでは、大丈夫なんやろ?」

子『うん!』

私「あと10分あるやん。」

子『・・・・・』

私「ズル休みしたほうがしんどいで」

子『・・・・・』

私「先生に電話せえへんで。電話がかかってきたら自分で言いや。」

子『イヤ、学校いく!』

でいったん登校しました。

うちの場合、学校まで徒歩30秒。

子1分後帰宅。

子『門がしまってたから入られへんかった。今日はもう学校いけへん。』というので

私「一緒にいってインターホン押したるわ!』といいましたら。

子は、しぶしぶ『うん』と言って、

なんとか登校しました。とりあえず、ミッション・コンプリート。

 

下校時には、ケロリとしているのがほとんど

今週は家庭訪問ウィークなので4時限授業でした。給食を食べたら終わりです。

お昼過ぎには朝のことなど何事もなかったように、元気に帰ってきましたよ。

そうなんです。

行ってしまえば大丈夫なんですね。

過ぎてしまえば大丈夫です。

なので、朝対策を準備しておきましょう

「学校に行きたくない朝の言葉」をいくつか用意しておくというのがいいですね。

とっさに、なかなかでてこなくて、焦ってしまうので。

《うちの場合(父娘)の例 》

・ズル休みになるで。

・学校の先生に自分で電話しいや。

・休んだほうがしんどいで。

・かあちゃんに言うたら怒るで。・・・・・・・うちの場合です。

・電話かかってきても出えへんからな。

・先生呼びに来てくれるで。

などですね。

カテゴリー
こども・不登校 心の健康

おじいちゃんのカバンからお金を抜く孫の心境

8b0a72510da7343e61ef7f16d1fd01d1f91f3440.19.1.8.2

誰もいなくなったらお金をとってしまう子。

その時、周りの大人が思うことは「なんでやねん」とか、「ショック」なんですね。そして、その時に子どもが考えていることや、感情。そして周りの大人たちが出来ることを備忘録をかねて書いておきたいと思います。

 

およそ次のような心理状態になっています。

・ゲーム等で遊びたいという短絡的な報酬・感情が抑えられない。

・友達にお金やお菓子をあげて自分の居場所をつくろうとする。

・脅迫感情が強くあり、心理的に追い詰めらている。

 

はじめドキドキした、でも成功した。そして平気になっていく

成功した。ばれなかった・ばれたけど怒られなかった。・うそでごまかせた。など、成功経験が積み重なっていくと子供の中で、難易度のハードルはだんだん下がっていきます。そして、罪悪感がうすまっていき、金額や回数がエスカレートしていく傾向があるんですね。

 

・うそをつくたび、自分が嫌いになっていく。

・うそをつく。言い訳のため。また、うそをつく。自分を守るため。うそが平気になる。まひしてしまう。どこまで、うそをついたのか分からなくなる。混乱する。つじつまが合わなくなって、追い詰められる。自己評価がさがる・自己肯定感がさがる。ということが起こってしまいます。

 

なので、周りができることは、これ以上、うそをつかせない。これ以上、子供の自己評価をさげないために出来ること。出来る行動ということになります。

 

子供家庭センターや専門カウンセラーの見解(リアル相談中)

対策その1:環境改善対策として、金庫などを設置する。(ダイヤル式が良)

カバンや貴重品など家の中で誰でも自由に触れなくする。金庫なんか大げさに買わなくても、リュックなどに入れて持ち歩いたらいいじゃない。風呂、トイレなど。確かにそうなんですが、いちいち面倒でストレスになってきます。また、うっかり忘れることあります。つまり個人の管理には限界があります。

 

対策その2:子どものスケジュールを忙しくする。

たとえば、運動クラブ、文化クラブ、塾、習い事、キャンプなど興味の対象を広げます。ゲームより没頭するものを増やすのが目的です。注意力の分散や興味の分散を図ります。

 

対策その3:環境移動。生活の場所を変える。生活管理型の寮へ入る。

生活そのものを管理する施設で生活習慣や考え方、スキルを習得します。強制的な習慣づくりです。

まとめ

万人に効く完璧な解決策はありません。

それは、子どもが十人十色、百人百色で一つとして同じ人間ではないからです。

なので、まずは話を聞いてあげること。よく聴いてあげること。

それから、本人にいつ届くか、届かないかは二の次として、伝えたい気持ち、善悪の考え方、をたくさん伝えてあげることが大切になのだと思います。

 

カテゴリー
ビジネス 習慣力

継続する習慣の作り方「ちいさく、ちいさく、はじめる」

drum

はじめの一歩は、「アホらしいほど小さく」がいい

「小さく小さくはじめる」ということをやってみようと思います。ほんとに続くの?って感じなんですが、目標があまりにも小さすぎるので、できない理由が見つからないと、思えたりします。なので出来なかった時は、はっきりいって「向いてない」と、新たな発見があったり、あきらめがついたりしちゃうのかもしれないですね。

 

たとえば、

【筋トレをしよう】10秒

目標:毎日1回だけ腕立て伏せをする。

これは、覚えてるかどうかにかかってきそうですね。覚えてたら多分毎日できるでしょう。よくばって、あと10回とかしたくなりそうです。ここは習慣になるまで、必ず1回で我慢するということがポイントになりそうです。

【ブログを書く】1分

目標:毎日1行だけ下書きをする。

一行だけ!、しかも下書きでいい。なんて敷居が低いんでしょう。楽勝ですね。これは、一行書いたらどんどん書けそうです。「はじめの1歩」を出す練習ですね。これは我慢しないでどんどん書いたらいいかもしれません。ただし、かけないと思う時でも最低1行は下書きをすれば本日の目標達成という考え方でやってみようと思います。

【絵本をつくろう】5分

目標:1日にひとつ、トイレでアイディアをメモする ≪考える事と場所を習慣に≫

人によってアイディアの出そうな場所とタイミングは違うと思うので、お風呂でも、散歩中でも、寝る前でもOKでいいと思います。とりあえず何でもいいので一つ書くということで行ってみます。

【インターネットのお仕事】各5分

目標その1:1日最低1ページ。ビジネス書を読む ≪始めるきっかけをツカム練習≫

あらかじめ読む本を決めておきしおりを挟んでおきます。調子が良い日はどんどん読む。注意事項は焦らないこと。なので1ページとました。やってみて、1節とか、1章とか修正してみるのも「あり」ということでやってみます。

 

目標その2:パソコンの電源を入れ1日5分だけ関連記事を読む ≪情報に流されない練習≫

目的もなしにネットサーフィンをしてしまうと、ついつい、ほかのページへ移動して、移動して、知らない間に1時間たっていた、なんて事ありがちですね。なので、時間を制限する。みる目標を決める。内容を絞ってみる。ということを癖にしましょう。

まとめ

これ全部やっても、目標達成には20分くらいです。初めはこれくらいがいいんですね。まずは、3日程やってみて、変なところは、やり易いように修正する。修正のポイントは、「シンプルに」です。複雑だと行動する前に考えないといけない。すると行動自体が面倒になってしまいます。結局ブレーキになるんですね。なので「シンプル」にするのがいいです。

カテゴリー
心の健康

元気のコンセント

7250252

 

人には元気を充電する「コンセント」がついてるみたい。

コンセントといえば電気を使うときに差し込むプラグのことですが、これを差し込まないと電化製品は動きません。コードレスで使える携帯電話やモバイル機器も充電が必要です。人にも充電中とか、変にエネルギー不足なとき(漏電)があって、エネルギーが充電できるコンセントが付いているって思うときがありませんか。

なんとな〜く、思ったりします。そして、人のエネルギーってなんだろって。

単純にご飯?だけではないような。

 

充電できる人・消耗しちゃう人

出会う人にによって、元気になったり消耗したりします。自分が消耗しちゃう人になりそうなときは、一人でこっそり充電しましょうね。

充電できる場所・消耗する場所

パワースポットへ行ったり、いつもニコニコしてる人にあったりすると充電できて、元気貰えたりします。

反対に、ピリピリした人とあったりすると、変なプレッシャーで疲れますね。なるだけ近づかないようにしてます。近くにきたらスルーする方法を考えます。

充電できた時・消耗してる時

睡眠時間をしっかり取ると充電できますね。寝る前に頭を空っぽにする時間を作ると落ち着きます。夜は消耗しきっていることが多いです。眠るが勝ちです。

変に元気があると早く寝るのがもったいない気がします。実は寝ないと逆にもったいないんですね。起きてると充電不足が起こるので。あっ・・若いうちは大丈夫なんです。体力に余裕があったり、急速回復できたり、予備のエネルギーがあったりしますので。だいたいですが40歳を過ぎたら夜更かしは要注意ですね。

充電する事・ 漏電する事

不思議なんですが、誰かに喜ばれたりすると充電されてたりします。逆に一人で「ぼーっ」とテレビなんかをみててたりする時って、なんか漏電してる感じがしませんか。後で疲れがどっと出たり、気分が悪くなったり。

エネルギーの充電(発電) まとめ

充電って大切だなあと思います。自分で発電できたら、もっといいですよね。よっさん流の自家発電システムを考えてみましたよ。

それは、好奇心旺盛なこどものような心で情熱的(積極的)に生きている状態。没頭できることをすると

笑顔であふれていて、たとえ、その時に楽しくなくても、楽しむことを探している。誰かに喜ばれることや、誰かが元気になることを考えて動いていると、充電になるから不思議ですね。

是非、あなた流の「充電方法リスト」をつくってみたら、元気の波に乗れる感じで面白いと思います。

10449165_480x360

カテゴリー
習慣力

「スパイシー・チキン」とかをつくってみた

IMG_0132

チキンの食材味付けで「ネリネリと混ぜる」のがおもしろい。

カレー粉・油・醤油・塩。たったこれだけを、ミンチ肉と「ネリネリと混ぜるだけ」なのに、出来上がりは中々ヨロシい。つい調子に乗って、味見もせず、子どものお弁当にいれてしまった。ドキドキしながら感想をきいてみると、普通に美味しかったらしい。ほっと簡単すぎて病みつきになりそう。同じものばかり作って飽きられないように気をつけよう。

 

そういえば、ハンバーグもネリネリなんですね。

あとは焼くだけ

IMG_0139

意外と美味しい。自画自賛

IMG_0140

お弁当サイズ完成。

カテゴリー
習慣力

豚生姜焼きを作ってみた

75004_top

豚の生姜焼は「玉ねぎ」さんが重要なキャラだった。

学生時代。定食があれば必ずと言っていいほど豚の生姜焼(以下豚生姜といいますね)を注文していました。

お店で食べる豚生姜は、生姜の味がしなかったので不思議だったんです。自分で作るのにレシピをみると確かに生姜がはいってる。嫁さんに聞いたら、「私汁しか使わないけど」だって。

生姜好きの私としては、すごく、もったいない。せめて自分で作るときは、すりつぶした生姜を丸ごと使いました。夕食では、家族から何の苦情もなく、自分としては美味しくいただきました。

 

豚生姜の豚を柔らかくするコツ

嫁さんも知らなかったという、豚生姜で豚肉を柔らかく仕上げるするコツというのがありました。なんとそれは「玉ねぎ」さんを一緒に炒めることだったんですね。豚肉に焦げ目が少し付いたころに「玉ねぎ」さんを入れます。後は一緒に炒めるだけで、少しさめても豚肉が硬くならないんですよ。嫁さんもビックリしてました。

「豚生姜」初挑戦の私でも、簡単にに柔らかくできました。それが冷蔵庫で冷えても柔らかいんだから、ありがたいですね。なにせ、お弁当用に作り置きするのにぴったりですからね。

ふふふふ。これで豚生姜はマスターしたぜ。 【材料】豚肉500g、酒80cc、醤油60cc、砂糖小さじ2杯お好みで、生姜4カケ、玉ねぎ約半分。

「玉ねぎ」さんの血液サラサラ能力をオンにする調理法

「玉ねぎ」さんの血液をサラサラにする効果は有名です。が、その能力を有効に発揮するのにちょっとしたコツがあったんです。それは、切ってすぐに調理(加熱)しないというと。最低15分は放置するのだそうです。その間に玉ねぎさんの酵素成分が変化し熱などの調理に耐性が出来上がるのだそうです。

ちなみに、この耐性ができてない間に調理すると、血液サラサラ成分が壊れてしまって、効果はサラサラ無いということですね。

 

人は見かけじゃわかんない。野菜も見かけじゃわかんない。「たまねぎ」さんって、ああ見えて、以外にデリケートな一面があったんですね。

 

 

print-i158

 

カテゴリー
ビジネス 習慣力

家事のように習慣のようにスムーズにブログを書くには

ajimi_man

家事は習慣性はすごい。その時間に割混みは可能なのか

【朝の家事】

朝食つくり・片付け・息子用弁当作り・洗濯・物干し・掃除・ゴミ出しって毎日のなかで普通に無意識にやってます

【夜の家事】

娘用弁当作り、夕食つくり・片付け・お風呂・団らん・食器荒い。洗濯物洗い。時々絵本を読む。うーむ。この習慣のなかに、ブログを入れるには難しいかもしれませんね。

 

ところで昼は、なにやってるのかいいますと、弁当おかずの作り(一週間用)とか、お買い物とか洗濯もの取り入れ、家計簿記帳とかしてますね。最近は、娘の塾の宿題に付き合ったりして困っています。(結構むづかしいのですよ、これがまた)なので、まったりしている時間が1〜2時間なのですね。うとうとしたりしてしますんですね、ううむ。仕事(副業)がしづらじゃないですか。

a0002_010866

家にいるよりも、プチサボりで、いっそのこと。外出しちゃえ

喫茶店めぐりと、シャレこんで、ファミレス → 図書館 → 大手スーパーの休憩イスというパターンなどで自分一人の時間確保するという悪だくみを考えてみた。300円〜500円で時間を買うということですね。朝9時出発で3時帰宅労5時間週に3〜5回できれば相当なお仕事ができそうです。なんか、わくわくしてきました。

買い物と料理はまとめてやる(バッチ処理)、掃除は気付かれないように頻度を減らす。作戦ってどう?

どうしてもペースが乱れて、思うように出来ない日は

うちの場合、嫁さんの夜勤日と翌日はペースが変わり大変です。それから、子どもたちの休日、土・日・祝日はあそんで攻撃です。その対処法は、いまのところ「諦め」なんですね。子どもたちや家族で過ごす時間て、よくよく考えると中学生くらいまでなんですね。なので家族で過ごす時間を大切にしたい、という気持ちに切り替えます。

されど、されど、自分の仕事を全部やるのをやめて、何かひとつ重要なことだけをやれればいいや。とか「自分の仕事ためにこれだけは絶対必要だ」というもの「一つだけやる」ということにしました。それで充実感は、十分たもてる感じです。

さあ、まずは30日やってみよう

30日という数字の不思議。習慣にするには、行動の繰り返しがたいせつなんですね。それが30日なんだそうです。習慣化になれば大成功。あとは、自分用にカスタマイズして続けるだけですから。例えば1日は休んでもいいです。2日だと休むことが習慣になりますからね。2日は元に戻すのが大変ですから、やめたほうがいいですよ。

7f18ebd6a6c79ee3d726da83cb6e48cd

まとめ

さあ。あなたなら何をします?たいがいのことは、何でもできそうに思ですね。まず30日、そして一年、そしてあなたの一生は、誰ものもでも無い。あなたのものなのですから。

心理学者のフランクルはいってました。「あなたが人生をまっているんじゃない。人生があなたをまっているのだ」。と何が、まっていてくれるのか、お楽しみですね。

 

カテゴリー
心の健康 習慣力

親の問題・子の問題

gf01a201502260000

親ってなんだろう。養育者は自分の問題を気づきにくい

親が認めることしか、子どもの選択を認めない親ってどうよ。

子どもにとっては、価値観を支配する親はいらない。

親が子どもを認めないとか、親が子供の個性を気に入らない時、徹底的にそれを否定し続ける。すると子供は追い詰められて居場所がなくなってしまいます。

これを親が無意識にやっていることがあります。そして子供が問題をおこすと、その問題行動だけをとりあげて、禁止したり対策しようとする。子供は居場所が無くなって逃げる。補導される。何度も続くと矯正施設へ入る。という流れができてしまいます。そんな親はいない方がいいんです。いなけりゃ逃げなくていいんです。

 

親の問題点を子供は説明できない。だから問題行動でうったえる

これは、家族が問題のケースです。もっといえば、家系。親の親の時代、もっと前かもしれませんが、考え方や習慣が代々引き継がれているということです。よくも悪くも「連鎖」しているということ。しかも「連鎖」は代々強化されていく。どこかで気づかないと断ち切れないです。

 

子供の個性を認めない独裁者のような親だと、子どもは逃げるしかない。自分が安全と思える場所と人(ゲームセンター、おこづかい、友達の家、祖父母の家など)今の自分を受け入れてくれる場所(宗教や非合法組織など自分を受け入れてくれるところなら何処でも)へ逃げる。

 

子供が「逃げた場所」は安全か

子供が一度逃げて、逃げた場所が変な「あぶない団体」で「やばい」と気づいた。そんな時に帰れる場所がない。帰りたいと思った時に安全な帰れる場所がない。世間でいう「縁を切る」状態。親・養育者の完全拒絶は、子供にとって、命綱がなくなるようなものなんですね。だから最終的には、音信不通は無いようにしてあげられたらいいなと思います。

 

a1370_000535

親が生育歴が、子に影響。どうしよう?

変な「連鎖」を断ち切りたい時は、まず、意識すること。この自分の考えは変な「連鎖」なのか、こどもの考えは本当に「認められないものなのか」と立ち止まって、意識して考えることからはじめてみる。大切なことだけでいいので。(すべてのことをやってたら身が持ちませんから)。自分の常識は世間の非常識であったり。その逆もあります。面倒くさいですがやらないと、良くも悪くも変わらないです。

 

他には、情報として、ちがう価値観をもってくるってのもあります。価値観を書き換えるって大変な作業が必要です。憧れの人ならモデリングされやすいですね。しかし、こどもの憧れの人になるのが、もっと大変だったりしますが。

個人の意識変化が、時代進化にちょっとづつ影響していくのかもしれません。

 

目指すのは子供の自立。そして親も子供も自由なこと:まとめ

いろんな仕事がありますね。サラリーマン、公務員、教育者、芸術家、芸人、学者、経営者、政治家などなど。それぞれが各々の立ち位置で、憧れや、経験値をもっていると思います。

それが、好き・嫌い、向き・不向きなどを無視しての強制は、こどもにとって苦痛ですよね。

親の意味は、「親という役割」だけのような気がしてきています。生き方や価値観を押し付けることじゃない。そして、選ぶのは子どもたち。色々あって、色々悩んだほうがいいと思います。何にもない平坦な道って、味気なく殺風景だもの。

a1480_000040

追伸:ここ最近、不登校児を受け入れるための「フリースクール」系の教育施設がふえてきているそうです。現在の教育制度が、どこか合わなくなってきているように感じます。時代変化の流れは、子ども達のほうが敏感に感じて、無意識につくっているのかもしれません。

 

カテゴリー
心の健康 習慣力

運動は、やっぱり、うつや脳にいいんだって

lgf01a201305161500

運動とメンタル不全って関係あるの?

メンタル不全が相変わらず流行していますね。とどまるところをしらない様子。最近は、社会現象のようになってしまい。本もいっぱいでてます。個人的には心のインフルエンザ慢性編といったところ。

医学の発達とか、文明の利器もたくさんあって、世の中進歩したはずなのに、なぜか健康が蝕まれてしまうような現象はなくならないようですね。

便利だと「楽ちん」で体をあまり使いません。そもそも人は運動しないと体調不良になるように出来ているのではないでしょうか?

20130522_tokyo_stock_exchange_1203_w800

そもそも文明の利器ってなによ。

掃除機、洗濯機、エアコン、車は当たり前。身体を使うことがグッと減り運動不足になりました。それで、美食にもなった。「生活習慣病にならないように気をつけましょう」とか、「ダイエットしなくちゃ」とか。

それから、携帯電話スマホ、パソコン、インターネットで時間の節約ができるように便利になった。それで、メール、ブログなど処理件数がものすごく増加して、情報スピードと量がアップ、アップですね。ストレス急増。

001_p_01

最近はもうメールやインターネット無しの時代のことを忘れてしまいそうです。手書きで書類を書いて、郵便をだして、ダイヤル式の固定電話で連絡して、電卓を叩いて・・・・。それでも世の中動いてたんですよね。

-font-b-Life-b-font-on-the-Prairie-The-Buffalo-font-b-Hunt-b-font

人の身体がしてきたこと

人類が一番長くしてきたこと。狩猟採集生活。緩やかな時間のながれ。空腹時間の長い生活。そんな時代を一番長く生き抜いてきた人類には、それに対応するDNAが標準装備されていているんですね。生き抜くことができる力がある。

ちょっと考えると、今の時代と正反対ですね。

長い満腹状態、慢性的な運動不足、情報のスピードと膨大な量など。

 

運動は単純に脳に酸素と栄養を大量に送っているということ

単純なことで、誰でも知っていることなんですが、意外と大切なことだったんですね。

それから、運動した後は不思議なんですが「自信」や「落ち着き」を取り戻していたりします。多動傾向のある子も卓球しながらとか、キャッチボールしながらだと落ち着いて会話ができるそうです。どこかを動かす。運動することは、まだまだ、いろんな効果がありそうです。

 

余談ですが、最近アンチエイジング効果があるものとして、「空腹の時間」があります。若返りホルモンが分泌されてアンチエイジング効果があるそうです。南雲吉則医師も言ってますね。60代で30代に見えるあの有名医師。

nashigari140923-514x360

まとめ

ちょっとおおげさですが、人類に耐える力があるのは、狩猟生活で生活の一部になっていた運動する力、多少の空腹も耐える力、助け合いや協力する力など、耐えてきた期間の長い生活なのでしょう。

先進国の現代生活では不足しがちなものばかりのように感じますね。

すごく便利な文明の利器が健康面ではそうでもなかったり、害になってたりするようです。「多少の運動」、「空腹時間の確保」、それと「情報量の量と速さの適度な制限」がメンタル不全など体調管理の「キーワード」なのかもしれません。

 

 

カテゴリー
ビジネス 習慣力

やりたいことが多すぎて時間がない!さて、どうする?

images-57

 

やることが多すぎて、やりたいことをする時間がない

Eメールの処理、電話、進行中の仕事処理、デスク周りの書類、毎日の決まった作業。いつも読んでいるブログチェック、ネットサーフィン、情報のインプットとアウトプット。考えるだけで目が回ってきますね。どうしたらいいのでしょうか。

本当にやりたいことってなんだろう

いろいろなものに、手を出しすぎてませんか。本当にやりたいことがたくさんある場合は、リストアップして、優先順位をつけてみましょう。そして着手するのは、まず一つです。他のことは一切しない。その一つが達成するまで手をつけないという覚悟を決めましょう。ひとつに集中すると時間に余裕ができて、行動がシンプルになります。

 

どうしても2つやりたい場合

一つのことだけに着手すると決めても、待ち時間が発生します。そのときに何もしないのは、もったいないので、予備として待機させている「次の事に取り掛かっていい」ということにしておきます。予備の時間のときだけに行うので、焦りませんよね。

習慣化することにチャレンジする

習慣化できるかどうかで、成功率は全然違います。マルチタスクで、いくつも手を出せば成功率は0パーセント。シングルチャレンジなら50パーセント。あと習慣化できると成功率はグンと上がってきます。まず一つだけ習慣化にチャレンジすることを決めましょう。そして30日やってみる。30日できたら一つ増やす。30日にひとつづつ増やしていくのがコツなんですね。

ちょっとずつが味噌(ポイント)

例えば運動を習慣にしたい。とします。年間の目標はどこかのマラソン大会に出場する。という事にしておきます。とにかく初日はチョットだけ始めるのが大事です。10分だけ走るとかがガマンが大事

いきなり30分も走ったら、体がなまってて体重も増えている、筋肉がおどろく、関節がキシム、とかで身体を痛めて中断してしまいます。気持ちは先走ってますが、まずはガマン、ガマンでペースダウンしましょう。習慣化できれば、自動化して加速しますから。