カテゴリー
こども・不登校 ビジネス 習慣力

速読っていいかも?

book-254048_960_720

速読っていいの?

春から小学校5年になる娘が学習塾へ行くことになって、いざ説明会へ。そこで、なぜか保護者が「速読」を体験するという出来事があったそうです。面白そうなので、やってみたら「はまった」らしいです。

塾で体験会に参加して

大人でも、速読トレーニングがゲーム感覚で楽しかった。「100個の漢字のなかで一つの間違いの字を探せ」とか。

そして速読の効果が即実感できたって。「体験前の読書文字数900字が、プチ体験後1300字になった」これは個人差がかなりあるらしいのですが、誰でも効果は確実に出るんだそうです。

速読でやりたいこと

本が好きなので、もっとたくさん本を読みたいとか。資格試験(看護師)の勉強が「速読」で時間が短縮できたら、体力的に楽になりそう。

私も、やりたくなってしまった

友人や知り合いの方々から「速読いいよ」とは聞いていましたが、そんなに気にしてませんでしたが最近、「ゆるんだ人からうまくゆく」ひすいこたろう×槇原紘治著という本を買って読んでいたら、始まりはなんと「速読」だったんですね。だんだんと「やってみたいモード」になってきてました。

 

それから、我が家の状況を考えてみると、小学校5年、6年と不登校だったお兄ちゃんがいて、春から中学1年生なんだけど、家族が楽しそうにゲーム感覚で「速読」やってれば、ひょっとして、興味をもつのかもしれないなあ。「速読」って一生もののスキルだよなあと思うところがあったんですね。

 

そしたら、なんと自宅でできる「ファミリーパック」というものがあるでは、ありませんか。なので、即決注文してしまいました。(きっちりと商業戦略に乗ってしまった「いいお客さん」的な我が家なのでありました。)

効果は、やってみての「お楽しみ」

「速読」は、ただ単に早く読めるというだけでなくて、脳の他の能力も「速読能力につられてアップする」んだそうです。むづかしい言葉で、「汎化作用」(はんかさよう)というらしいです。最初は、主に「視覚力」がアップするんですね。それから「思考力」、「理解力」、「記憶力」、「感性」とかが、つられて良くなってくるんだそうです。

あと、「慣れ」ですね。スピードにドンドン慣れていくと、早いのが当たり前に感じてくるらしいです。早いスピードでも余裕ができるってことですね。

 

娘曰く、我が家は、すぐに忘れる父(私)と、勘違いが多い母で、保護者が頼りないと。なので、「速読」でアンチエイジングも兼ねた「脳トレ」をしないと困るのだそうです。

追伸

私は学習塾に良いイメージがありませんでした。学習塾といえば、受験勉強のテクニックやノウハウだけを徹底して教えるところだと思ってました。だから塾に入って「伸びる子」もいれば、やる気がなく「ただ通うだけの伸びない子」ができてしまうと。

 

最近は学習塾も、いろいろな工夫があるんですね。まさかの「速読」でした。他には、メンタルトレー二ングで苦手科目の克服のための授業なんてのもありました。これからこういった感じで教える所が多くなって来るのかなと感じました。

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です