カテゴリー
こども・不登校 心の健康 習慣力

プチ不登校の君へ贈る言葉(小学校の卒業)

holdingthesun2

プチ不登校児の小学校卒業

小学校5年生から変則的な不登校になった愚息が、いよいよ卒業することになりました。

5年生、6年生の2年間では、合わせて半分くらい(1年ぐらい)は登校できたのかなあ。

6年生の3学期は初日と次の日だけ登校したね。卒業式の前9日で登校し始めたのはすごく不思議な感じがしたんです。卒業式の練習に間に合って、みんなと一緒に練習して、卒業式にでたかったのかな。

 

そこで、なにはともあれ卒業の記念に「6年間の想い」を手紙にして贈りました。

以下ご紹介します。(親バカな内容。ほとんど原文)

 

手紙「いいところリスト」

◯◯さんへ。
小学校卒業おめでとうございます。

今日は卒業の記念に、小学生の間にすっかり成長した◯◯さんの「いいところリスト」を贈ろうと思います。ドンドン伸ばしていって欲しいと思います。(書いてる順番は、あんまり関係ないからね。)

『◯◯さんのいいところリスト』
①明るいところ、なんでも楽しもうとするところ。
(友達がたくさん出来るコツかもしれないね)

②よくしゃべり、よく笑うところ。
(いつも、まわりを明るくしてくれてありがとうね)

③自分の心の中で感じていることを、怖がらずに人に言えるところ。
④わからないことは、素直に人に聞けるところ。
(これは勇気があるということです。)

⑤意外と物事を、深く、よく考えているところ。

⑥冷静に意見をいったり、会話ができるところ。
(堂々としてるということです。)

⑦気持ちの切りかえが早いところ。
(これは心が強いということです。)

⑧「きっちりする」のが好きなところ
(いい加減にやっても大丈夫なことも多いんだぜ。)

⑨「イベント好き」なところ(臨海学校、修学旅行、運動会、音楽会などいつも楽しそうだった)
よくなところは、今回はいいません。

これからも、「楽しむ気持ち」を大切にして、よく遊んで、まあ勉強して、◯◯さんらしく過ごしてくださいね。いつも応援しています。(うるさすぎる時は、適当にスルーしてください。)

最後に、「勉強はちょっと遅れてるかもしれないけど大丈夫。人生には遅れてないぜ。」という言葉を贈ります。
大切な◯◯さんへ  とおちゃんより

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です