カテゴリー
習慣力

命と食物

食物と文化

カレーをつくった鍋の横で、フライパンで麻婆豆腐をつくった。ちょっと違和感を感じた。インドの食文化と中国文化が、我が家の台所で同居している。日本の家庭ではありふれた風景かもしれないけど、ちょっと考えてみると、なんとも大きな世界的な風景に感じてしまった。

images-38

命が食物

考えてみるとスーパーマーケットは、どこにでもある便利な食材庫なんだね。同時に、人に生命をあたえてくれる生き物のたちの命の陳列台にも見える。ちょっと見方を変えてみると、全く違うものに感じてしまうから不思議です。

 

毎日、日本では、大量に破棄される食材たち。また、保存料、着色料など本当に必要なのかわかんない数々の薬。自由がいいんだけど。自由がまかり通りすぎる風潮で怖い。

 

たしかに捨てるのも自由なのかもしれないけど。もったいないお話というより。命を投げ出してくれた生き物たちに申し訳ないお話に感じてしまいました。

qahicz042ok

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です