【書評】ルドルフとイッパイアッテナ 2016年8月映画化決定

スポンサーリンク

main

猫の世界のものがたり

この作品は結構古いんですね.1986年の講談社自動文学新人賞の入選作ですが、今読んでも全くといっていいほど古さを感じられない新鮮なストーリーです。

主人公の小さな黒猫のルドルフが、魚屋さんに追いかけられ、逃げ込んだトラックで気絶。その間に東京へ流れ着くところから始まります。そして東京で、大きなトラ猫のイッパイアッテナとの偶然の出会いがあり、奇妙なやりとり(ちっちゃいのに、とっても偉そうにしゃべるアドルフとイッパイアッテナの「ししゃも問答」)が勃発します。

東京で「のらネコ」生活

images-21

「ししゃも問答」から後に、イッパイアッテナと行動を共にするようになったルドルフの東京での「のらネコ」生活が始まります。ルドルフにとっては、初めてのことばかり。以外にイッパイアッテナって、教養があるんです。・・世渡り上手というか。顔が広いというか。苦労したって本人が言ってました。

この猫たちの生活圏には、けっこう小学校が出てくるんですよ。大人も小学校なら全員知ってますし、なつかしさを感じるところですね。しかも、図書館なんかもでてくるんだけど25年前とあんまり雰囲気が変わらない。(進歩がないのか、伝統的なのか。)ここら辺が、イッパイアッテナの教養の秘密なんですね。

もしも、猫が字を読めて、書けたら・・・どうなるんだろう。「イッパイアッテナは、字が読めて書ける」という異色の設定は、新鮮な驚きでした。人が字を読めなくて、書けなかったらどうなるんだろうということの裏返しかもしれんなあと、かすかに思うところです。

たとえば、ネコが字が読めると、給食のおすそ分けをもらいにいく時、メニューが読めるので、大好物の「肉いりクリームシチュー」の日がわかるっていうこと。生活に直結してるので読者の子供たちにもわかりやすい例えですね。

ところで、人間の君。読み書きどうする? できると便利だよ、できないと大変だよって。ちょっとしたメッセージを言いたかったのかな。

hqdefault

ネコの世界の友情

ルドルフは、自分が住んでた町に帰りたいのだけれど、町の名前がわからない。覚えているのは3丁目だったってことと、ロープーウェイから見た町の景色だけ。3丁目は手掛かりにならないよと言われ・・・・もうあきらめていたのに。  偶然に気づいてしまった。    帰りたい。・・・・・・・でも。

ここからが、ネコ達の友情ものがたり急展開。クライマックスなのであります。

2016年8月ロードショー決定とのことです。お楽しみに。

ルドルフかわいいっす。僕は本で読んで大満足でした。大人でも楽しめます。

シリーズものとして4冊でてるようなので、ご紹介しますね。

ルドルフとイッパイアッテナ
斉藤 洋
講談社
売り上げランキング: 3,268
ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ)
斉藤 洋
講談社
売り上げランキング: 7,277
ルドルフといくねこ くるねこ (児童文学創作シリーズ)
斉藤 洋
講談社
売り上げランキング: 11,304
ルドルフとスノーホワイト (児童文学創作シリーズ)
斉藤 洋
講談社
売り上げランキング: 11,573
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です