カテゴリー
心の健康

「偶然」は「必然」

images-14

偶然と必然

すべての偶然必然とみる考え方は、アメリカインディアン流にいうと「ひとが正しい道をあるいているときには、必要な時に助けが現れ、物事はトントン拍子で進む」というものがあります。

 

逆にいえば、物事が遅々として進まない時は、よくないことをしようとしてる時なのかなと感じます。知らず知らずに邪魔が入ったり、偶然、電車が遅れたりすると「何か」に止められているという気がしてて、無理をして実行しないようにしています。そうすると、気が楽になり、知らない間にとおり過ぎていたりします。

 

出来事の流れを受け入れるような感覚でいると、自然の「流れ」にスムーズに乗れるようだ。と感じます。流れにのると不思議なことがよく起きるようですね。「人も自然の一部」なので、自然の調和を重んじて生きると、必然的に、「偶然の流れ」が出来てしまうのかもしれません。

 

多くの偶然に助けられて生きている時、「ひととして正しい道をあるいているんだ」と自信をもっていいのかもしれませんね。

 

 

アメリカインディアン今日の格言

道を誤ったら、他の道を探せばよい。

自然に逆らう文化は野蛮だ。

祖先の生き方に還るのは、文化の後退ではない。

 

作成者: たのよしさん

56才の元地方公務員。超残業、ブラック職場で40歳代初めにうつ病発症、その後10年間、回復、再発を繰り返し、ついに回復に至ラズ退職。しばらく働けず、生活費、学費、ビジネス塾などで退職金を使い果たす。3年後、いつの間にか回復し、現在残業のない職場に再就職する。60歳を前に住宅ローンが78歳まであるのに気づく。老後なき不自由な日常を脱出すべく、収入源の確保を目指し、ネットビジネスも奮闘中。家族は嫁さんと私立中・高生の2人と犬1匹。最近わかったことは、うつになっても大丈夫、不登校でも大丈夫。焦らず、腐らず、根気よく、上機嫌な毎日を過ごすことがモットーなブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です